お問い合わせフォーム

ご予約はこちらお電話でのご予約03-3331-9923

予防歯科

予防歯科

予防歯科とは

予防歯科とは

毎日欠かさず歯磨きをしてるから虫歯や歯周病の心配はないと思っていませんか?
実は磨けていると思っていても磨き残しができ、そこから虫歯や歯周病になってしまうのです。
予防歯科とは、虫歯になってしまう前に自宅でできるケア、そして歯科医院で虫歯にならないための指導を組み合わせて行う治療法なのです。お口の中の健康を守り、そして全身の健康へと導くことが予防歯科の目的です。

虫歯にならないための予防歯科治療

虫歯にならないための予防歯科治療

虫歯は治療しても完治はしません。
健康な歯をいつまでも残すためには歯を削るなどの治療を行わないことが最も大切です。
また、日ごろから歯科医院の元、予防歯科の指導を受けていると、もしも歯に問題があったり、初期の虫歯が見つかった時に、削らずにフッ素の塗布や洗口腔などの予防処置を施し、歯を回復させるということもできます。

プラークコントロール

虫歯や歯周病は、歯の磨き残しによる歯と歯茎の間にプラークという歯垢 が溜まり、バイ菌が繁殖してしまうことが原因です。
その原因となるプラークを減らしていくことをプラークコントロールといいます。

プラークコントロールには次の方法があります。

・デンタルフロス、歯間ブラシによる歯磨き
・歯石除去
・糖類摂取の制限
・歯医者、歯科医院で行うPMTC


ブラッシング

ブラッシング

ブラッシングはただ歯を磨けばいいというわけではありません。
プラークは歯ブラシの入りにくい場所に溜まりやすいため、効率良く磨かなくてはなかなかプラークは除去できません。
間違った磨き方を続けると、歯の表面を傷つけてしまう場合もございます。正しい知識で、効率のよいブラッシングを覚えましょう。

正しいブラッシング法




PMTC

PMTC

歯科衛生士が様々な専用の道具で歯をクリーニングする方法をPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)といいます。
自宅での歯磨きでは取り除けない膜状の菌(バイオフィルム)を除去することができます。さらに着色による汚れを落とし、光沢をだすことも出来ます。
歯科医療の進んでいる北欧ではPMTCのために歯医者に通う方が多く、虫歯のある人が日本に比べ格段に少ないことが特徴です。
PMTCの効果を持続させるためには3~6ヶ月に一度、定期的に受けることをおすすめします。

「健康寿命」という言葉を
知っていますか?

健康寿命とは、日常生活を心身ともに自立して、健康に過ごせる期間のことを言います。
日本は長寿国となっていますが、晩年は介護が必要になったり、健康上の問題で日常生活に支障が出たりする「不健康期間」が生じているのが事実です。

不健康期間は男性で約9年、
女性で約12年

平均寿命と健康寿命には差があり、男性で9.02年、女性では12.4年となっています。この差は、日常生活に支障がある「不健康な期間」です。

誰もが「長生き」することを願っていますが、長生き=健康とは限りません。晩年は「寝たきり」や「要介護」、「不健康」の状態になってしまう場合もあります。
ただ単に長寿を目指すのではなく、健康寿命を延ばし、不健康な期間を少しでも減らしたいものです。生涯に渡ってイキイキと生活するために、元気なうちに健康寿命を延ばすための取り組みを始めることが大切です。

不健康期間は男性で約9年、女性で約12年

噛めることが健康寿命を延ばします

近年は、歯の健康と全身疾患の関係が明らかになってきていますが、歯がなく噛めなくなることによって、「要介護」の原因疾患を発症するリスクを高めることがわかっています。
歯がなく噛めなくなると、認知症や脳卒中、心臓病、転倒、糖尿病、肥満のリスクが高くなりますが、この多くが要介護となる主な原因になっています。

噛めることが健康寿命を延ばします

介護が必要となる疾患を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、多くの歯を残し「噛める」ことが大切です。虫歯や歯周病になって、痛みが出てから歯科を受診するのではなく、予防のための歯科受診が重要です。

健康寿命を延ばすための歯科診療を

当院は、痛い歯だけを診るようなことはありません。部分の歯ではなく口腔全体を診て、長期的にお口の健康を維持するための治療を行っています。また、噛み合わせはお口の健康のベースとも言え、正しい咬合をつくります。

予防を目的としたメンテナンスだけでなく、どの治療においても患者様の健康や健康寿命を延ばすことにつながるよう、スタッフ一同努めています。