お問い合わせフォーム

ご予約はこちらお電話でのご予約03-3331-9923

小児歯科

小児歯科

小児歯科について

小児歯科について

お子様の歯や顎の骨は成人の方に比べ、柔らかいため虫歯の進行がとても早いです。
お子様の将来のためにも早い段階でのしっかりとしたデンタルケアはとても重要です。

年に何度かは定期検診へお越しいただきお子様の口腔内チェックをしましょう。

なぜ虫歯になるのか

なぜ虫歯になるのか

生後間もないお子様の口腔内には虫歯の菌は存在しません。
しかし、生後6ヶ月経過する辺りから離乳食を与える際にお母さんが一度口に付けたものを与えるため、お母さんの口腔内にミュータンス菌という虫歯菌が潜んでいると、赤ちゃんに感染してしまいます。

定期健診の必要性

お子様の乳歯は永久歯よりも柔らかいため一度虫歯の菌が発生するとものすごいスピードで進行し、放っておくと下にある永久歯にまで影響し、虫歯になりやすい歯になってしまったり、歯並びが悪くなったりする原因になってしまいます。また、年齢によっても虫歯になりやすい場所も変わってきますので、年に何度かは定期健診をうけてブラッシングの指導や口腔内チェックを受けるようにしてください。
早期に虫歯が発見できればお子様への治療の負担も軽く済みますし、歯科医院への精神的不安も通い慣れることによって解消されます。

治療を嫌がるお子様にも出来る限り痛みを抑え優しく接して、治療に対して前向きな姿勢で受けていただけるよう努力しております。

シーラント・フッ素塗布について

シーラント

シーラント

シーラントとはアクリル樹脂やセメントとの一種を虫歯の溝に接着させるもので、奥歯の虫歯になりやすい溝の部分を、細菌から守る役目をします。シーラントは全ての人に適しているとは限りませんので、歯科医師との相談が必要です。
シーラントは全ての虫歯に対して有効な予防法ではありませんが、お口の中の特定部位の虫歯を防ぐために有効な処置です。特にお子様の虫歯を防ぎます。

シーラントはある程度耐久性がありますが、取れたり欠けたりすることもあるので定期健診を行い診査が必要です。
シーラントをしたからといって虫歯にならないというわけではないので、毎日のハミガキやフッ素処置とあわせてケアすることで、さらに虫歯の予防につながります。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素はシーラントと違い歯質を強化し、虫歯に対する抵抗性を高めます。定期的な歯科検診やクリーニングなどの際に、フッ素を塗布すると大変効果的です。
特にお子様の歯は幼若なためフッ素の吸収率が高く有効だといわれています。

小児矯正歯科

小児矯正とは、顎の骨が成長しきってしまう前に行う矯正治療です。
顎の骨の柔らかい時期に始めることにより理想の状態での治療になります。
成長に合わせて矯正できるため抜歯の確率も低くなり、良い治療結果が得られやすくなります。健康な歯並びをお子様の間に手に入れておくと大人になってからも虫歯や歯周病になりにくい健康な歯でいられます。

矯正歯科ページへ